健康長寿プロジェクト21

健康長寿を全うするための情報を発信。様々な分野の専門家が、健康で長生きするために大切なことを、共同で執筆していきます。

健康長寿プロジェクト21 イメージ画像

2016年11月

デンマークの元福祉大臣、アンデルセン氏は次のように述べている。 「プライエムの多くは孤立し、不毛で活気がなく、いる人たちの権威を失わせるようなミニ病院、いわば人生の最期を迎える前の待合室になっていた。プライエムに住む人々にとって、その主体としての生活はプ

私は禿げているが、別に恥ずかしくはないし、困ってもいないし、毛髪の復活を願うわけでもなく、それを隠そうとも思わない。困るというか、申し訳ないのは、周囲に気を遣わせてしまう(周囲が頭の話題を避けようとする)ことくらいだ。ときどき「まだ大丈夫ですよ」とか「前

80歳の男性に話を伺う機会があった。子供たちが独立し、夫婦二人の暮らしを楽しむために、郊外の戸建の広い家を売って便利の良い立地にあるマンションに引っ越したら、半年後に奥様が末期癌と診断され、しばらくして亡くなったという。73歳のときだった。奥様は末期癌と

●座長:小野啓郎・大阪大学名誉教授  (大阪厚生年金病院名誉院長) ●協力   毎日新聞大阪センター   一般社団法人 大阪自由大学   大阪大学 老年学研究会   NPO法人 老いの工学研究所   NPO法人 おおさかシニアネット ●事務局   「健康長寿プロ

↑このページのトップヘ